ホーム > 外来診療 > 消化器肝臓内科

外来診療

一般内科

 

胃・腸・肝臓・胆道・膵臓などの病気を専門とする科です。

消化器内科の専門医師が、内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)・レントゲン・腹部エコー・腹部CTなどの検査と病気の診療を行っています。当院では年間400件以上の内視鏡検査(胃カメラ、大腸カメラ)を行っております。胃カメラでは、検査時の患者さんの苦痛を和らげるために、非常に細く、また嘔吐反射のほとんどない("おえっ"としない)経鼻内視鏡も導入しております。また、大腸カメラ施行時には同時に大腸のポリープ切除術も施行しております。

当院には、肝臓専門医もおります。健診等で肝機能の数値が高いとの結果を気にしつつも、時間的に大病院での精密検査を受ける余裕がなくそのままになっている方、是非お気軽にご相談ください。また、B型慢性肝炎、C型慢性肝炎で悩まれている方、我々は最新の知識、治療法をご提示した上で、患者さんひとりひとりにあった丁寧な医療をご提供させていただきます。

消化器内科担当医師 理事長:八辻 行信
院長:八辻 賢(肝臓専門医)
副院長:八辻 寛美(肝臓専門医)
医師:箕輪 慎太郎
医師:新村 健介
医師:牛腸 俊彦