ホーム > 看護部

看護部

お問い合わせ

看護部長あいさつ

看護部理念
専門性を発揮し、患者満足度を高める看護・介護を提供します

 

当院は、1949年設立以来63年間、地域に根差した病院として地元の人に支えられて、存続してきました。外来通院時期から入院、退院後の在宅支援まで、一人の方の経過に長くお付き合いでき、お世話させていただける、看護が途切れることなく継続していける病院です。
私達看護・介護職員は、その架け橋となり、地域の方々が在宅療養生活を安心して送れるように、ご家族様も含めた支援を目指しています。

看護部概要

看護部  ― 外来 看護師3名
一般病棟 看護師16名
ケア病棟 看護師7名
介護課 介護福祉士10名、介護士5名

外来

明るい笑顔と親切丁寧な対応で、包容力のある看護を実践したいと思います。療養中の患者さんとご家族が安心して療養指導や相談ができる外来を目指します。

一般病棟

30床の急性期から慢性期の患者さんが混在した病棟です。その中でも地域包括ケア病床7床を有しており、在宅復帰を目指している患者さんとご家族への支援に力を入れています。
様々な内科疾患に加え、ご高齢で認知症を患っている方も多いので、在宅医療部や在宅支援センター、訪問看護ステーションとの連携・調整のため、日々カンファレンスを行っています。

ケア病棟

40人の高齢患者さんが安全安楽に日々を過ごすことができますように、笑顔が見れますように、看護職・介護職、共に協力し合って働いています。
明るく元気で、お年寄りと接することが大好きなスタッフが勢揃いした病棟です。

教育制度

院内研修・院内勉強会

医師・看護師・コメディカル・事務職、すべての病院スタッフが参加。
今年度は医療安全がテーマです。
外部講師による講義や、課題を与えられグループワークをしたりと形式は様々です。

看護部勉強会

勉強会委員企画・主催の看護師や介護福祉士等、看護・介護職対象で実施しています。
昨年度の実績を新聞にして報告しました。

委員会活動

9月4日 手洗い研修の第2回を行いました。
2人一組で確認し合いました。

委員会の様子です。
看護師と介護福祉士みんなでわいわい
議論しながら計画をたてています。

平成25年敬老祭

平成25年9月27日、毎年恒例となっている敬老祭が今年も盛大に開催されました。

まず始めに院長先生からのご挨拶。この豊かな国、日本をこれまで支え、築き上げてきた方々である患者さんに対しての感謝の意を述べられていました。

続いてはボランティアでおいでいただいた、黒田恵子さん(歌)、熊谷有香さん(ピアノ)、そして当院職員の加納さん(ギター)による歌のコーナー。「お祭り」ということで、浴衣姿でご登場下さいました!素敵ですね!

「荒城の月」では、ハンドベルや鈴を皆さんにお配りして、綺麗な音色の楽器演奏も楽しみました。
懐かしそうな顔で静かに口ずさむ方、涙ぐんでしまう方、また、普段のレクリエーション以上に大きな声で歌われる方もいて、職員としても感動モノでした!

最後に、患者さんからボランティアの皆さんへの感謝のお言葉をいただきました。
皆さんとても懐かしく、楽しかったとのことでした。

早くも次回の行事を期待される患者さんの声も聞かれるなど、今年の敬老祭もたくさんの患者さんの素敵な笑顔を見せていただくことができました。
ボランティアの皆さん、本当にありがとうございました。

平成27年度 夕涼み 花火会

平成27年8月6日、当院では第2回目となる夕涼み花火会を開催いたしました。
入院患者さんとご家族はもちろん、職員家族、リハビリ部の皆さんのご協力もいただき、会場となった駐車場は大賑わい。
心地よい夏の夜風の中、アイスやスイカを味わいながら、噴出花火を鑑賞し、その後、患者さんそれぞれで手持ち花火を楽しみました。
最後は、噴出花火のつもりが、実は打ち上げ花火だったので皆でビックリ!m(__)mという場面もありましたが、皆様から大好評をいただきました。
花火の輝きと歓声の中、患者さんの笑顔が一層煌めいた花火会でした。
ご参加くださった皆様、ご協力くださった職員の皆さん、ありがとうございました。

photo_20150806.jpg

周辺の環境

当院は、最寄駅は東急東横線「都立大学駅」。散歩に心地よい中根公園が隣接している閑静な住宅街の一角に位置しています。
近くには雑誌に載ってるケーキ屋さんが集結。

手作りケーキ屋さん『やまぐち』
当院より徒歩3分ほどにあり、ご自宅でお店をされています。濃厚なチーズの風味がご自慢だと。是非、ご賞味あれ。全国発送も承っていらっしゃいます。

募集要項

看護と介護職員の採用に関しては、以下にご連絡ください。

担当者氏名 総務課 採用担当
連絡先 03-3718-7291
jinji@nissenkai.or.jp